通信販売の歴史

みなさん通信販売の歴史ってしってます?じつは案外最近のはなしで19世紀後半頃の海のむこうのアメリカ合衆国で、小規模の地方の農民たちを対象としたなんとみやすいカタログ販売が開始されたのが起源なんですよね。これって今とかわらないですよね。この頃には鉄道網や郵便網の拡充どんどんが進み、19世紀末期には大手のカタログ販売小売業者が設立されいくんですよ、そして今日のようなカタログ販売の基礎てものが作られていくのです。そして、その後は 日本においては、1876年(明治9年)のアメリカ産トウモロコシの種の通信販売が最初ってしってましたか?(津田仙が創刊した「農学雑誌」)。そして大正時代には野間清治の経営する講談社の代理部が同社発刊雑誌の広告を通じて通信販売を行ったんです。書籍がはじまりなんですよね。そしてその対象商品は雑誌だけでなく、その後いろいろふえて生活用品だけでなく・雑貨とかさらには、家具、でもって果ては清涼飲料水・どりこのに代表される食品や化粧品・薬品など、ほんと多岐に渡った配達は主に同社少年部(日本全国から募集され、約30倍前後の高い競争率をくぐり抜けて採用された小卒男子児童による修養教育としての勤務部署)所属の社員見習いの者が自転車やオートバイで行ったんですよ。今考えると面白いですよね