通販のこれまでの流れ

今でこそ通販は一般的と言えますが、100年位で普及したんですよね。また、最近では通販というのはとても人気ですよね。ほとんどの人が知っているか、利用したことがあると思います。その通販はどのような歴史を経て今に至るのでしょうか?今回は通販の歴史について紹介していきたいと思います。通販は、19世紀後半頃のアメリカ合衆国で、地方の農民たちを対象としたカタログ販売が開始されたというのが起源と言われています。この頃には鉄道網や郵便網の拡充が進んでいて、19世紀末期には、シアーズと呼ばれる大手の百貨店などの大手のカタログ販売小売業者が設立され、今のようなカタログ販売の基礎がつくられました。しかし、日本において産業として確立したのは戦後のことで、ラジオ受信機制作用電子部品の雑誌広告による通信販売や大手の百貨店の通信販売への参入が始まって、1960年にはカタログ販売の主要業者が設立されました。そして、1970年頃からはテレビショッピングやラジオショッピングの形でも行われるようになったと言われています。このように、通販には昔から行われているもので、昔から皆さんの役に立っているものでした。初めは、今のような通販には程遠いものでしたが、それから次々技術が進んで、今の技術に至ります。日本では、1876年のアメリカ産トウモロコシの種の通信販売が最初と言われています。大正時代には、野間清治の経営する講談社の代理部が同社発刊雑誌の広告を通じて通信販売を行いました。配達は主に同社少年部に所属している社員見習いの者が自転車やオートバイで行っていました。そういった歴史があって、現在に至るということですね。