それぞれの通販

では日本における通販の歴史を見てみましょうか。日本においてはその日本における最初の通販は明治9年に津田梅子の父である津田仙が「農学雑誌」においてアメリカ産トウモロコシの種を販売したのが始まりと言われています。実はとうもろこしなんですよね。これは面白い逸話です。
明治9年というと1876年ですから、日本の通販の歴史はアメリカのシアーズより早く開化したということになります。ですので、日本は国土もせまく都市もみっせつしているのでその進化というものは、案外はやかったのかにしれません。また、物流インフラも早く整備がすすその背景が時代を後押ししたこともあるでしょう。
その後大正時代には講談社が発刊雑誌広告を通じて生活用品、家具、食品、化粧品や薬品など多岐に渡る商品を販売しました。その中でも有名な商品は今では幻や伝説と言われる滋養強壮を謳った清涼飲料水「どりこの」で、講談社が通販により独占販売したのです。この時代のづく独占販売というのも
そして戦後になってようやく様々な通販がセットで売られてい時代へと突入指定行きます。
日本の通販は産業として確立され、1960年代にはカタログ販売がどんどんでてくるのです。
主要業者が現れ、そして1970年代頃からはテレビショッピング、ラジオショッピングの形でも行われるようになりましたここからが、テレビショッピング通販という新しい購買形態を生み出していくのです。更に1990年代以降はインターネット通販が主流となり国外からも商品を取り寄せることが日常的になっています。時代のツールとともにその購買形式がかわっていくのもこの時代のながれといえるでしょう。